32歳独身、女性。フリーランスの編集者・ライター。簡単な私の肩書です。

この肩書きを持つ自分自身に、なんだか急に疲れてしまいました。窮屈だと、感じています。

大好きだった、憧れていた雑誌を作る人になれたのに、全然満たされていないのです。

ある日、「離島に渡ってそこで生活してみよう」と思いつきました。

コーヒーを釣り人に売りつけて生活できたらいい。贅沢せず、暮らしていけるんじゃないか。

そんな淡い願望を抱き始めた頃、阿倍野にあるドーナツ屋「あたりきしゃりき堂」のご主人・久保さんから、

ドーナツ作りを学ぶチャンスをいただいたのです。

ドーナツ作りは思いのほか難しく、力仕事で、火傷などのキズも多く、過酷です。

しかし、自分が作ったドーナツを、笑顔で買って帰ってゆくお客さんとのおしゃべりが楽しくて、

その時間だけ、“ドーナツ&コーヒー売り”が私の肩書に追加されます。

少しだけ自由度が高まったような気がします。この後の自分がどうなるか、ワクワクしてきました。

来年の私は、さらにもうひとつ肩書が増えてるのかもしれないし、減っているかもしれない。

​揚げたて熱々のドーナツの穴をのぞいたら、自分の次のステージが見えたらいいのに…なんて思うのです。

その日のデザート

思い付きで作ったデザートも。今後、ちょっとした食べ応えのあるスイーツを作ってみます。